胃腸内科について

胃腸内科とは
イメージ

胃腸内科は、食道に始まり、胃腸などの消化管、およびそれに連なる胆のう、すい臓など、広く消化器領域の疾患に関する診療を行う内科です。腹痛や嘔吐、下痢、便秘などの消化器症状の際には、お気軽にご相談ください。
問診および診察を十分に行ったうえで、必要があれば、各種検査(血液、X線、腹部エコー、胃カメラ、大腸カメラなど)を組み合わせ、診断と治療にあたります。

こんな症状はご相談ください
  • 胃腸の調子が悪い、お腹が痛い、背中が痛い
  • 下痢、便秘
  • 食欲がない
  • 会社や市町村などの健(検)診で胃腸の再検査を勧められた
  • 胃がんや大腸がんなどの消化器がんが心配 など
胃腸内科の主な対象疾患
胃食道逆流症(逆流性食道炎)、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、ヘリコバクター・ピロリ菌感染症、胃ポリープ、胃がん、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸がん、慢性便秘症、感染性胃腸炎、過敏性腸症候群、機能性ディスペプシア など

日本人2人に1人が感染している国民病

ヘリコバクターピロリ胃炎(萎縮性胃炎)
イメージ

胃粘膜へのピロリ菌の持続感染により慢性炎症を起こし、胃粘膜の萎縮(粘膜が薄くなる)や腸上皮化生(腸粘膜への置換)を来たし胃癌の発生母地となります。
ピロリ菌の除菌により胃癌の予防、胃潰瘍の予防につながることが様々な研究で示されたことより、2013年より全てのヘリコバクターピロリ胃炎患者が保険診療で除菌が可能となりました。
また、除菌により半数近くの患者さんに胃部不快感の改善が見られるという報告もされています。
除菌治療薬に対しアレルギーのある方、他の疾患で多数の薬を内服中の方を除き、積極的な除菌をお勧めします。

ピロリ菌除菌により激減している

胃・十二指腸潰瘍

ヘリコバクター・ピロリ菌、非ステロイド性抗炎症薬、胃酸などによって粘膜がえぐられる病気で、胃の痛みや不快感を伴います。大抵は、薬の服用などで治すことができピロリ菌の除菌や胃酸分泌抑制薬の維持投与でほぼ再発は防げます。

日本人にもっとも多いがんの1つ

胃がん

胃がんは、粘膜に発生する癌で日本人が最もかかりやすいがんの一つであり年間13万人が罹患し5万人近くの患者さんが命を落としています。早期の胃がんは、無症状で発見されることが多く、毎年定期的に検診を受けることが、胃がんの早期発見のために最も重要なことです。早期胃がんの予後はとても良く、完全にがんを切除できた場合、治癒率は9割を超えます。またピロリ菌は、胃がん発生の原因になることが判明しており、ピロリ菌の除菌をお勧めします。

女性の死亡率第一位のがん

大腸がん
イメージ

大腸癌は直腸から盲腸にできる癌で年間13万人が罹患し5万人以上が命を落としています。胃癌と同様早期に発見することで多くの方は治癒が期待できます。また、前癌病変である良性腫瘍(ポリープ)を切除することで癌の発生を予防することができます。
大腸癌検診で要精査となった方はもちろんですが、便秘の悪化や血便が見られる方、また無症状の方でも40歳を超えたら一度大腸内視鏡をお勧めします。

胃カメラで異常がないのに胃の調子が悪い

機能性ディスペプシア

みぞおちの痛み、食後の膨満感などの上腹部症状を訴え、しかも内視鏡検査などで症状を説明しうる器質的疾患(胃食道逆流症や胃・十二指腸潰瘍など)が無いケースを機能性ディスペプシアと呼び診断・治療をされていない方も含め1000万人以上と言われています。原因として胃酸分泌過多、ピロリ菌感染、ストレスなどの心理社会的要因により消化管知覚過敏、運動機能異常が起こっていると考えられています。治療は、胃酸分泌抑制剤や蠕動亢進薬が標準的治療ですが、当院では患者さん毎に適した漢方薬を選択し治療効果の向上を目指します。

特に原因がないのに慢性的に下痢や腹痛が続く

過敏性腸症候群(IBS)
イメージ

大腸内に肉眼的に見える炎症や腫瘍を認めないにもかかわらず機能異常を起こしている状態であり、診断されていない方も含め1000万人以上と言われています。原因は特定されておらず腸内細菌の乱れ、微細な炎症、アレルギー、胆汁酸などの器質的な要因やストレス・疲労などによる心理社会的な要因が複雑に関与して発症するものと考えられています。症状としては下痢や便秘、腹痛、下腹部の張りなどの症状が起こります。治療は、食事指導や便通の調節、痛みの緩和を中心に漢方薬を併用することで多くの方が症状のコントロールが期待できます。効果が不十分な場合は抗不安薬、抗うつ剤による精神治療も併用します。
治療開始に際して潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患や大腸癌などの器質的疾患の否定が重要であり大腸内視鏡検査をお勧めします。

便秘
イメージ

生活指導、食事指導に加え患者さんごとに適切な漢方薬を選択し快便を目指します。さらに漢方薬の魅力は何と言っても標的にした症状以外の症状が改善する点です。是非効果を実感して下さい。
機能的な便秘の背景に大腸癌が隠れていることもあるので大腸内視鏡もお勧めします。

急な腹痛

腹痛の原因は消化管、肝臓、胆嚢、膵臓などの消化器系臓器、腎泌尿器系や血管の異常など様々な原因があります。問診や腹部の診察だけで診断に至らず画像検査が必要なケースが多いです。当院では可能な限り当日中に腹部エコー、胃カメラを行いますが、診断がつかない場合や消化管穿孔などの緊急対応を要する疾患が否定できない場合には近隣医療機関と連携し当日中にCT検査を行えるようにします。

冬場に多いお腹の風邪

感染性胃腸炎

感染性胃腸炎とは、ウイルスや細菌などが感染して発症する胃腸炎のことで、下痢、嘔吐、悪心、腹痛、発熱などの諸症状を引き起こします。自然治癒する疾患ですが整腸剤、漢方薬等で早めに症状の改善を図ります。水分摂取も難しい患者さんにはゆったりとした空間で点滴加療を行います。ほとんどは、3~5日で症状は治まってきます。

肛門内科

痔核

2人に1人が患っていると言われ国民病とも言える痔ですが、一種の生活習慣病という側面があります。長時間の座位、便秘、飲酒、体の冷えなど様々な生活習慣が関与していると言われています。生活の是正、排便コントロール、出血・疼痛時の軟骨処置に加え漢方治療にて痔の治療を行っていきたいと思います。
実際に手術が必要な患者さんも何割かいますが、まずは内科的な治療を希望する方は当院にて対応していきます。

越谷市特定健診・がん検診のお知らせ

診療案内

こしがや胃腸内科・皮膚科

診療科目
胃腸内科・内視鏡内科・内科
呼吸器内科・漢方内科
電話番号
048-973-7846
駐車場
9台
診療時間
内 科 月・火・金 午前09:00~12:15 午後14:30~17:30
午前09:00~12:15 午後検査日(予約制)
木・土 09:00~12:15 
皮膚科 月・火・水
木・金・土
午前09:00~12:15
午後14:30~17:00
形成外科 午後14:30~17:00
皮膚科は午前と曜午後 形成外科は曜午後のみ
休診日
日曜・祝日
住 所
〒343-0836
埼玉県越谷市蒲生寿町4-18
東武スカイツリーライン 蒲生駅徒歩3分
読み込み中…