せき外来について

せきの悩みはご相談ください

イメージ

「せきが止まらない」「会議中にせきが出て困る」「せきのせいで眠れない」などの悩みをお持ちの方が少なくありません。こうしたせきのお悩みは、何でもご相談ください。
特に「長引くせき」には、肺がんや肺結核などの初期症状である可能性もありますし、せき喘息や蓄膿症関連の症状、胃食道逆流症などのような病気が考えられ適切な診断が大切です。
「せきが長引いているな」と思われたら、早めに当院のせき外来をご受診ください。

長引くせきについて

かぜに関連した各種症状の経過

長引くせきは、その持続する期間によって、通常下記の3つに分類されています。

  • 3週間まで
  • 3~8週間まで(遷延性のせき)
  • 8週間以上(慢性のせき)

風邪症候群やインフルエンザなどの呼吸器感染症の場合、せきは通常、徐々に軽くなっていきます。せきの原因として最も多い風邪の後遺症としてのせきは2~3週間すれば治まってきて、8週間(2ヶ月)以上も続くようなことは、ほとんどありません。
せきが長引けば長引くほど、感染症以外の疾患が原因となっている可能性が高くなります。

長引くせきの原因

長引くせきの原因

「長引くせき」の原因に関するある調査結果では、せき喘息が約半数を占め、次に蓄膿症に関連した症状、続いて胃食道逆流症となっています。

せき喘息
イメージ

風邪の後咳が長く続く、季節の変わり目に咳き込む、夜中・明け方に咳き込む、冷気を吸うと咳き込むなどの症状は咳喘息の可能性があります。喘息同様アレルギー性反応による気道の慢性炎症が原因であり、喘息特有のゼーゼー、ヒューヒューなどの喘鳴や息苦しさは伴わず咳のみを認めることがほとんどです。通常の咳止めだけでは効果が不十分で吸入ステロイドや気管支拡張薬が有効です。3〜4割が典型的な喘息に移行すると言われ適切な診断・治療が必要と考えます。咳喘息によく見られる経過や肺機能検査、気道炎症の評価で診断を行います。

蓄膿症

正式には副鼻腔炎鼻と言い、副鼻腔という場所に炎症が起きる病気です。風邪の症状が出てから1週間ほどしてから、風邪に続いて細菌感染が副鼻腔に起こり、発症します。
症状としては、鼻汁が絶えず出てきて、よく鼻をかむ、常に鼻がつまっていて口で呼吸している、いびきをかく、においがわからない、頭痛がする、などがあります。この蓄膿症があると、鼻水がのどに垂れてきて、痰の絡んだせきが出る、などの症状が現れることがあります。

胃食道逆流症

胃液が胃から食道へと逆流し、主に「胸やけ」や「呑酸」(酸っぱい胃液がこみ上げてくる)などの症状が起こる病気です。下部食道括約筋の緩み、食べ過ぎ・飲み過ぎ、肥満などの原因によって、胃酸や胃の内容物が食道に逆流することによって生じます。胃食道逆流症では、ぜんそくにも似た「せき」や「声のかすれ」など、呼吸器疾患のような症状が出ることがあります。

初診の方の事前受付はこちら

越谷市特定健診・がん検診のお知らせ

診療案内

こしがや胃腸内科・皮膚科

診療科目
胃腸内科・内視鏡内科・内科
呼吸器内科・漢方内科
電話番号
048-973-7846
駐車場
9台
診療時間
内 科 月・火・金 午前09:00~12:15 午後14:30~17:30
午前09:00~12:15 午後検査日(予約制)
木・土 09:00~12:15 
皮膚科 月・火・水
木・金・土
午前09:00~12:15
午後14:30~17:00
形成外科 午後14:30~17:00
皮膚科は午前と曜午後 形成外科は曜午後のみ
休診日
日曜・祝日
住 所
〒343-0836
埼玉県越谷市蒲生寿町4-18
東武スカイツリーライン 蒲生駅徒歩3分
読み込み中…