アレルギー科について

増加しているアレルギー性疾患

イメージ

近年、花粉症や食物アレルギーなど、アレルギー関連の病気にかかる人がたいへん増えています。現代病の一つとも言えるでしょう。
当院では、アレルギー物質によって引き起こされる疾患の診断や治療を行います。
お子様、成人を問わず、気になるアレルギー性の症状、またはアレルギー性の可能性がありそうな症状は、当院のアレルギー科にて、お気軽にご相談ください。

初診に際して

初めて「アレルギー科」を受診する際には、下記のようなメモ書きを準備していただくと、診療がスムーズに進みます。

  • 初めて症状が出た時期
  • 症状の具体的な内容
  • 症状が出たきっかけ
  • その後の症状の経過
  • これまでにかかった医療機関
  • これまでに受けた検査の結果
  • これまでに使用してきた薬の名称
  • 家族にアレルギー患者がおられるかどうか
  • ペットの有無
  • 喫煙者の有無 など

花粉症とは

イメージ

現在、日本人の5人に1人が花粉症と言われ、もはや“国民病”の観さえ呈しています。
原因は食生活や住環境の変化により、アレルギー体質の人が増加していることや、大気汚染など、様々な要因が考えられていますが、基本的には、戦後植林したスギ林の樹齢が30年を超え、花粉の量が著しく増加しているのが大きな原因とみられています。
花粉症は、アレルギー性鼻炎の一種で、立て続けのくしゃみや鼻水、鼻づまり、目の痒み、目の充血、涙などの症状を引き起こします。
スギやヒノキの花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを引き起こす植物には、イネ科のカモガヤやハルガヤ、キク科のブタクサ、ヨモギほか、たくさんの種類があります。

食物アレルギー

食べ物が原因となって引き起こされるアレルギーのことを食物アレルギーと言います。食物アレルギーの症状は、じんましんなどの皮膚症状から始まり、喘鳴(ゼーゼー・ヒューヒューする)などの呼吸器症状をはじめ、目や鼻、消化管などにおける症状も見られることがあります。
原因となる食べ物には、鶏卵、そば、魚、乳製品、エビ・カニ、小麦、ピーナッツ、大豆などが知られています。

かぶれ(接触皮膚炎)

なんらかの外的な刺激が肌に加わることで、接触した部分に紅斑(赤いブツブツ)や丘疹(皮膚の盛り上がり)、あるいは水疱(中に水分を含んだ湿疹)などの湿疹が生じる疾患です。接触した部分とそうでない部分にはっきりとした境界ができるのが特徴的で、痒みや痛みを伴うケースもあります。
比較的多いものとしては、植物(ウルシ、ギンナンなど)、金属(ニッケル、コバルト、クロムなど)、化粧品、洗剤、シャンプー、衣類(下着、手袋など)、薬剤(湿 布、軟膏等)などが挙げられます。
治療についてですが、湿疹が現れたら、まずは原因物質を特定する*ことが肝心です。
数時間前までさかのぼり、原因物質を洗い出しましょう。「アレルギー性皮膚炎」の場合も、いつ、どんな時に、どこに湿疹が現れるのかを、症状が現れるたびに記録し ておくと、原因をつき止めやすくなります。

*当院では、かぶれ(接触皮膚炎)のパッチテストを行っております。

じんましん

数分~24時間以内にできて消えていく場合をじんましんと言います。じんましんの原因は、食べ物や内服薬、細菌やウイルスの感染など様々です。特定の刺激により症状が現れるじんましんの場合は、やはりその刺激を避けることが大切です。下記のようなものが刺激になり得ます。

  • 食品:そば、エビ、カニ、果物、サバ、マグロ、豚肉、タケノコ、もち、香辛料、食品中の防腐剤、人工色素、サリチル酸
  • 薬剤:抗生物質(ペニシリン、セフェム系など)、解熱鎮痛剤、降圧剤など
  • 物理的刺激:皮膚の擦れ、寒冷、温熱、日光、圧迫など
  • 発汗:入浴、運動、精神的緊張(冷や汗)など
  • その他:感染症、疲労、ストレスなど

アレルギー検査について

血液検査IgE RAST法(どの物質に対するアレルギーがあるかを調べる検査)やパッチテストを行います。

パッチテスト

アレルゲンのエキスをパッチテスト用絆創膏に浸み込ませ、それを皮膚に貼り付け、一定時間後にはがして皮膚の状態を観察します。
接触皮膚炎(かぶれ)の確定診断に欠かせない検査で、多くの試料について一度に検査できるメリットがあります。

越谷市特定健診・がん検診のお知らせ

診療案内

こしがや胃腸内科・皮膚科

診療科目
胃腸内科・内視鏡内科・内科
呼吸器内科・漢方内科
電話番号
048-973-7846
駐車場
9台
診療時間
内 科 月・火・金 午前09:00~12:15 午後14:30~17:30
午前09:00~12:15 午後検査日(予約制)
木・土 09:00~12:15 
皮膚科 月・火・水
木・金・土
午前09:00~12:15
午後14:30~17:00
形成外科 午後14:30~17:00
皮膚科は午前と曜午後 形成外科は曜午後のみ
休診日
日曜・祝日
住 所
〒343-0836
埼玉県越谷市蒲生寿町4-18
東武スカイツリーライン 蒲生駅徒歩3分
読み込み中…