当院の漢方治療について

漢方薬のメリット

イメージ
  • 健康保険が適用できる
  • その人の体質に合えば効く
  • 病名が分からなくても処方できる
  • 副作用が少ない
  • 医者が治そうと思っていない症状も治る

漢方薬というと値段が高い、敷居が高い、古臭い、そんなイメージを持っていませんか?
「いっそラムネと思って漢方薬を使ってみましょう」
私の師事している帝京大学病院の新見正則先生の言葉です

新見正則先生
新見先生と院長

私の専門は、西洋医学(現代医学)であり消化器内科、特に内視鏡診療・治療ですが、学生時代より東洋医学に興味を持ち10年前から日本東洋医学会に所属し、学会・研究会などに参加し、また東洋医学会指導医の先生のもとで外来診療を学んできました。
漢方理論や漢方特有の脈診・腹診など多くのことを学び、非常に奥が深い学問だと思う反面、とても難解な学問だと常々感じ自分の処方に自信が持てない時期もありました。

ある時、帝京大学病院の新見正則先生の講演を聴く機会があり、とても斬新で分かりやすい話の内容に感銘を受けました。その後先生の多くの著書や講演会で学びましたが、幸運なことに2年前より新見先生の外来で直接教育を受ける機会を頂き数多くの患者さんの診療を通して、非常に濃密で有意義な経験を積むことができました。
現在では、あくまでも最終目標は患者さんの症状を緩和させることであり、もっと気軽に患者さんと一緒に相談しながら漢方薬を探していけば良いと考えるようになりました。

値段が安く、副作用が少なく、色々な症状に効く可能性のある漢方薬を気軽に試してみましょう。
当院の外来では、効果のありそうな漢方薬をいくつか試しながら患者さんと一緒に最適な漢方薬を探していきます。
もし、興味があり自分で調べてみて試したい漢方薬があれば気軽におっしゃって下さい。意外と自分で選んだ漢方薬が最適なことが多いと思います。

漢方の対象疾患

風邪の初期症状、頭痛、耳鳴り、喉の違和感、胸焼け、食欲低下、便秘、痔、頻尿、疲れ、イライラ、月経不順、更年期症状、不眠症・・・・・・

例を上げるとキリがないほど、どんな症状にも漢方は効く可能性があります。
興味がある方は、気軽に試してみましょう。

特に有効性が高いと思う症状

  • 風邪の初期、風邪をこじらせた
  • 西洋薬を内服しているがなんとなくすっきりしない諸症状
  • 便秘や下痢、胃腸の症状、おならがよく出る
  • 更年期のような多彩な症状
  • イライラ、ストレス
  • 疲れやすい
  • 冷え

肥満治療と漢方

イメージ

ダイエット目的で漢方薬を希望する患者さん、市販の漢方薬を内服している患者さんは意外と多いです。しかし、実際に漢方薬だけで痩せた方にはめったに会いません(それらの漢方薬による肝機能障害で入院された方は何人か治療を担当しましたが)。
生活習慣を改善した上で漢方薬を希望する方には最適な漢方薬を探したいと思っています。

漢方薬の副作用について

漢方薬は何か不快な症状があったら中止しましょう
空咳、息切れ、むくみに注意

漢方薬は副作用の最も少ない部類の薬剤だと思いますが、決して重篤な副作用が無いわけではありません。
過去に小柴胡湯という漢方薬を内服して多くの患者さんが間質性肺炎を発症し数名の方が命を落とすという健康被害がありました。漢方薬には重い副作用が無いだろうという、医師・患者双方の思い込みによる漫然とした投与が引き起こした事故だったと考えます。
現在では原因として黄芩という生薬に対するアレルギー反応により引き起こされ、インターフェロンとの併用や肝硬変患者で発症しやすいことがわかり添付文書上、併用禁忌とされています。
仮に発症したとしても多くは薬剤中止により改善するとことが多く、実際の発症頻度は10万人に1人程度と考えられています。
このような事故を招かないために、何かおかしな症状があれば(空咳が続く、足がむくむ、血圧が上がる、動悸がするなど)速やかに中止しましょう。
また、症状が無くても黄芩を代表とした幾つかの生薬には肝機能障害を引き起こすことがあるので、継続内服する際には定期的に血液検査を行いましょう。

漢方治療は、抗がん剤治療や外科手術などのように、救命・延命のための治療ではありません。あくまでも快適な生活を送るためのものなので、リスクを冒して内服するものではありません。

初診の方の事前受付はこちら

越谷市特定健診・がん検診のお知らせ

診療案内

こしがや胃腸内科・皮膚科

診療科目
胃腸内科・内視鏡内科・内科
呼吸器内科・漢方内科
電話番号
048-973-7846
駐車場
9台
診療時間
内 科 月・火・金 午前09:00~12:15 午後14:30~17:30
午前09:00~12:15 午後検査日(予約制)
木・土 09:00~12:15 
皮膚科 月・火・水
木・金・土
午前09:00~12:15
午後14:30~17:00
形成外科 午後14:30~17:00
皮膚科は午前と曜午後 形成外科は曜午後のみ
休診日
日曜・祝日
住 所
〒343-0836
埼玉県越谷市蒲生寿町4-18
東武スカイツリーライン 蒲生駅徒歩3分
読み込み中…