生活習慣病について

イメージ

生活習慣病には、糖尿病や高血圧、脂質異常症(高脂血症)、痛風(高尿酸血症)などがあります。いずれも、運動不足、過食、そして肥満といった生活習慣の乱れが主な原因となる慢性疾患です。
日本では、食生活の欧米化や生活スタイルの変化により、生活習慣病が増加の一途を辿っています。
生活習慣病は、一つ一つは軽症でも、いくつもの疾患が重なることによって動脈硬化を進行させて脳卒中や心筋梗塞などの重大な疾患に結び付く危険性が高まります。
そういった事態を招かないように、たとえ自覚症状が無くても、早めに生活習慣を改善するための対策を講じましょう。
基本的には、どの病気であっても、生活習慣の改善、つまり食事療法と運動療法が中心になり、必要に応じて薬物療法も併用します。

※当院では、「内臓脂肪測定装置(デュアルスキャン)」、および「体成分分析装置」を用いて生活習慣病の管理に役立てています。

糖尿病

通常、血液中のブドウ糖は、インスリンの働きによって細胞に取り込まれてエネルギー源になったり、あるいは脂肪やグリコーゲン(動物デンプン)という物質に変えて肝臓や筋肉に蓄えられたりします。インスリンの作用、血糖値が上昇した状態が糖尿病です。長期にわたり高血糖状態が続くと、糖尿病3大合併症である神経症(感覚低下や足壊疽)、網膜症(失明)、腎症(腎不全・透析)や動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞、人工透析や失明、足切断など、深刻な事態にも陥ります。また、糖尿病は自覚症状がほとんど無いため、知らないうちに進行し、合併症が現れてから初めて気づくといったケースも、しばしば見受けられます。

高血圧

イメージ

血圧が高い状態が続くと血管の壁に負荷がかかり、動脈硬化が進展し、狭心症や心筋梗塞、脳卒中、腎臓病などを引き起こしやすくなります。遺伝的要因と食生活(塩分の高い食事)や嗜好品の摂取過多(喫煙・飲酒)、運動不足や精神的ストレスなどの環境的要因が重なって引き起こされると考えられています。

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症は、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多過ぎる、または少な過ぎる場合に引き起こされる疾患です。放置すると動脈硬化が進行し、やがては心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす原因となります。高脂血症は、食生活(エネルギー過多)や嗜好品の摂取過多(喫煙・飲酒)、運動不足などの環境的要因が重なって引き起こされると考えられています。

高尿酸血症(痛風)

高尿酸血症とは、血液中の尿酸が多くなり尿酸塩の結晶が体のあちこちに溜まって痛風発作や腎機能障害、動脈硬化をなどの合併症を引き起こします。
合併症がなく尿酸が高いだけの人はまずは食事療法を行いますが、すでに合併症を起こしている人は薬物療法により尿酸値の低下を目指します。

メタボリックシンドロームにも要注意

イメージ

肥満、特に内臓まわりに脂肪が溜まって(内臓脂肪*)、おなかがぽっこり出ている「内臓脂肪型肥満」の方は、血圧、血糖、脂質値などの異常を来たしやすく、その結果、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病が重なりやすいことがわかっています。内臓脂肪型肥満(へその高さの腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上)があり、高血圧、高血糖、脂質異常症のうちの2つ以上が重なっている状態を「メタボリックシンドローム」と言います。
メタボリックシンドロームの患者さんでは、血圧、血糖、脂質などの値がそれほど異常でなくても、それらが重なることで動脈硬化が進展しやすくなり、心筋梗塞や脳血管障害などの心血管事故の危険率を高くすることが知られています。

*当院では、「内臓脂肪測定装置(デュアルスキャン)」、および「体成分分析装置」を用いて生活習慣病の管理に役立てています。

内臓脂肪測定装置(デュアルスキャン)

簡単・安全で正確な「内臓脂肪面積」の算出を可能にした測定機器です。測定値はX線CTと相関が高いうえ、放射線被曝もありません。 (生活指導目的の検査は無料で検査を行います。測定方法もごく簡単で、測定時間も5分以内と短時間で済みます。また、同じ肥満の中でもリスクの高い「内臓脂肪型肥満」か、それともリスクの低い「皮下脂肪型肥満」かの鑑別も可能です。

体成分分析装置

人体を水分、たんぱく質、ミネラル、体脂肪の4つに分けて分析する測定装置です。健康な人では、体成分量のそれぞれを一定の比率で維持しているので、体成分の不均衡による肥満、浮腫(むくみ)、およびたんぱく質不足による栄養欠乏、身体の代謝状態の判定指標などとして用いることができます。体成分分析装置は、人間の基本的な健康状態や危険要素をあらかじめ把握する基礎健診機器として、様々な疾病の予防と治療に応用することができます。

※当院では、体成分分析装置のなかでも特に精度が高く、世界各国の研究者が使っている最上位機種である「InBody770(インボディ770)」を導入し、この装置で得られた信頼できる検査数値を日々の診療に活用しております。

初診の方の事前受付はこちら

越谷市特定健診・がん検診のお知らせ

診療案内

こしがや胃腸内科・皮膚科

診療科目
胃腸内科・内視鏡内科・内科
呼吸器内科・漢方内科
電話番号
048-973-7846
駐車場
9台
診療時間
内 科 月・火・金 午前09:00~12:15 午後14:30~17:30
午前09:00~12:15 午後検査日(予約制)
木・土 09:00~12:15 
皮膚科 月・火・水
木・金・土
午前09:00~12:15
午後14:30~17:00
形成外科 午後14:30~17:00
皮膚科は午前と曜午後 形成外科は曜午後のみ
休診日
日曜・祝日
住 所
〒343-0836
埼玉県越谷市蒲生寿町4-18
東武スカイツリーライン 蒲生駅徒歩3分
読み込み中…